アイ シールド 21 名言。 アイシールド21 挑戦者たちの名言 漫画の名言・名場面

どの世界でもありますが、自分が直接関われてないと素直に喜べないですよね。 甲斐谷陸「まだ半分あるって思うタイプと、もう半分しかないって思うタイプがいる」 泥門との試合でセナに止められて これは奥が深いセリフです。 当時放送していた 「トリビアの泉」という番組で、 MCの高橋克実が自己紹介の時にこの名言をぶっこんだので、余計に記憶に残る言葉となりました。

9

なかなか自分の意見を強く言わない栗田だからこそ、このセリフはグッとくるものがありますね。

12

武蔵のキッカーとしてのプロ意識が感じられるシーンでした。 この辺、本当にストーリー構成がうまいな~と思いますね。

桜庭春人「凡才が追ってやろうじゃんか どこまでも」 富士山トレーニングで進を追うシーン 常に天才の進と自分を比べ続けた桜庭。

小判鮫は巨深ポセイドンのキャプテンだが、主力選手とは言えない。 はで、ムサシがチームを抜けたときは珍しく荒れています。 スーパーパワーというのは、 例えば才能だったり、体格だったり、制度だったり、常識だったり、人種だったり、年齢だったり、 そういう「どうしようもないもの」を総称してそう呼んでるのですけどね。

5

過去のトラウマから夢を口にすることができなくなってしまったキッドは、「クリスマスボウル」と口にすることができないでいた。

19

勝者は勝者で色んなものを背負って戦ってるんですねー。 実際、鉄馬はアメリカ相手に体格負けせず、互角に戦っている描写がありました。

19