ケッペン の 気候 区分 覚え 方。 地理B覚え方 高校生 地理のノート

E と分類することができます。 ここでは、どちらも簡単に読み取れるような方法を解説します。

10

雨温図とハイサーグラフをうまく読み取れるようにしよう! 教科書や参考書をよく見るとわかりますが、気候を学ぶ上で「気温と降水量」は必要不可欠な要素です。 湿気は風に乗って大陸内部へ運ばれます。

中学1年の社会の地理分野で学習する 「5つの気候帯 」。 温帯の中で、 「 地中海性気候」は 「 夏に乾燥し、冬に雨が降る」という特徴は、中学生の地理のテストでよく出題されます。

2

地中海性気候では、レモンなどの柑橘類の栽培がおこなわれます。 ABCDの分け方は以下の通りです。 続いて、さらに 細かく分類していきます。

日本は北海道以外ほとんどがこのCfa気候に属します。 文字列が表すイメージと気候型を結びつける ここまで、文字列が表す意味を、1文字ずつ分解して覚えてきました。

D気候 = 冷帯(亜寒帯) = 寒い場所• また、気温に関しては、この記事の最後にわかりやすく図にまとめているので、最後まで読んでいってください。

Bは乾燥帯、Eは寒帯と特徴的な気候であり、種類も少ないため、まとめて覚えてしまいましょう。

18

南半球ならば、「10月~3月」を「夏」、「4月~9月」を「冬」とします。 土地の栄養分がなくなってしまうと、別の場所へ移動します。

16

日本付近では夏は南東の風、冬は北西の風となりますが、東南アジアでは夏は南西の風、冬は北東の風となります。 E気候 = 寒帯 =すごく寒い場所 を意味していて、赤道から高緯度側に向かうにつれて、ABCDEというこの順番で分布しています。