地方 公務員 法。 教育公務員特例法

本月瀏覽人次:4,861,667人• 5 人事委員会又は公平委員会は、法律又は条例に基くその権限の行使に関し必要があるときは、証人を喚問し、又は書類若しくはその写の提出を求めることができる。 )についても、また同様とする。 3 採用候補者名簿又は昇任候補者名簿による職員の採用又は昇任は、当該名簿に記載された者について、採用し、又は昇任すべき者一人につき人事委員会の提示する採用試験又は昇任試験における高点順の志望者五人のうちから行うものとする。

14

)において同じ。 )であつた者であつて離職後に営利企業等 (営利企業及び営利企業以外の法人 (国、国際機関、地方公共団体、独立行政法人通則法 (平成11年法律第103号)第2条第4項に規定する行政執行法人及び特定地方独立行政法人を除く。

3

)の副学長、学部長その他政令で指定する部局の長をいう。

15

)を実施しなければならない。 6 競争試験等を行う公平委員会を置く地方公共団体は、前項の規定にかかわらず、事務局を置き、事務局に事務局長その他の事務職員を置くことができる。

懲戒事由ごとの懲戒処分の内容については、国家公務員に関するものですが、人事院が作成した「」が参考になります。 )、教頭、主幹教諭(幼保連携型認定こども園の主幹養護教諭及び主幹栄養教諭を含む。

14

)十五万以上のもの及び特別区は、条例で人事委員会又は公平委員会を置くものとする。

8

2 職員団体と地方公共団体の当局との交渉は、団体協約を締結する権利を含まないものとする。 )に限る。 )と規模の異なる他の機関であって所管区域の単位及び種類を同じくするものに置かれる職であって当該任命されている職より一段階上位又は一段階下位の職制上の段階に属するものに任命する場合において、当該任命が従前の例によれば昇任又は降任に該当しないときは、当分の間、新法第15条の2第1項の規定にかかわらず、これを同項第4号に規定する転任とみなす。

12