確定 申告 住宅 ローン 控除 必要 書類。 住宅ローン控除を受ける方へ:令和2年分 確定申告特集

まず手続きを行う場所ですが、管轄する税務署で手続きを行います。 ニ 建築基準法施行令の構造強度等に関する規定又は地震に対する安全性に係る基準に適合させるための一定の修繕・模様替えの工事 イ~ハに該当するものを除きます。 証明書は売買契約をした不動産会社から入手しましょう。

さらに、所得税で引ききれなかった住宅ローン控除は、住民税からも引くことができます。 (4) この特別控除を受ける年分のが、3,000万円以下であること。

18

納税すべき所得税が還付されるため、減税と同様のイメージで捉えることが可能です。 通常は11月始めごろに発送されますが、購入時期が遅いと翌年になってからの発送になることもあります。

詳しくは(住宅借入金等特別控除の対象となる住宅ローン等 を参照してください。 自己が所有し居住する家屋(自宅)の増改築であること(所有する家屋を増改築したのちに居住する場合も認められます)• 以下同じです。

3

1 .確定申告書(A) 税務署で入手するか、国税庁のサイトからダウンロードをしましょう。 住宅ローン控除を受けるためには、確定申告が必要だということをご存知でしょうか? 今回は、そもそも確定申告とは何なのかをご説明したうえで、住宅ローン控除を申請するために必要な手続きや書類について FPが解説します。

10

無い場合は、市町村の税務課で発行してもらいましょう。

7

万が一紛失してしまった場合には、勤務先に再発行を依頼する必要がある。 確定申告を行うにあたって、非常に重要な書類となるので、大切に保管したい。 今回のまとめ• また、店舗併用など居住用以外の部分も対象から外れ、住宅ローンは居住用の割合で按分しなければなりません。

当然、妻分のローンを支払うからといって、夫分のローン残高が加算されることはありません。

11

(注1) 平成28年3月31日以前の増改築等について、以外の方は住宅借入金等特別控除の適用を受けることはできません。 ハウスメーカーなど工事を担当した会社から入手する 上記の他にも、「認定低炭素住宅」「認定長期優良住宅」などに該当する場合は、それぞれについて証明する書類(認定通知書など)のコピーが必要です。

15