アームド ギア。 戦姫絶唱シンフォギア 公式サイト ― 用語・設定解説 ―

の調査で発覚、その調査任務がシェム・ハの腕輪を巡る戦いの発端となる。 初めてシンフォギアを纏って以来、 幾度となくアームドギアの形成を試みてきた響であるが、 生成したエネルギーを物質として固着させるにはいたらず、 失敗を繰り返してきた。

19

といった新しく追加された激アツ演出も存在する。 「抜剣」や「絶唱」は発展先を示唆している。 立花響の基本プロフィール 誕生日:9月13日 年齢:16歳(戦姫絶唱シンフォギアAXZ時) 血液型:O 身長:157cm BWH:84/58/86 シンフォギア:激槍ガングニール CV:悠木碧 趣味は人助けで、好きなものはご飯&ご飯。

13

[OLYMPIA(オリンピア)]• 米国政府との講和を図るも裏切りに遭い追われる身となる。 立花響の概要 立花響(たちばなひびき)とは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の主人公である。 この胸を強調した普段着もフィーネの趣味なのか? クリスが選んだものだとしたら、何というか口調以外も尖っている子だ。

7

「大臣が反対していたのは俺たちに法令を遵守させることで 余計な横やりが入ってこないよう取りはからっていたからだ」 反対していたのは前回暗殺された二課に好意的な広木防衛大臣だった。 その影響で、生身でノイズに触れても炭素化が起こらない、ギアを纏えば制御できない膨大なエネルギーが放出され周囲に影響を及ぼすほどの高熱をもたらす(スポンティニアス・コンバッション )、などの現象が発現している。

7

哲学兵装たる剣殺しには、概念に干渉し「剣」と定義されているものを硬度・強度問わず破壊する機構があり、特に剣をアームドギアとする天羽々斬やアガートラームに対して天敵となり得る。 淘汰値はどうやって上げる? 淘汰値を上げるには同じ絵柄のユニットを混ぜるか、キラーズイノセント スモールイノセント を混ぜることで上げていくことができます。

自分の未来への気持ちで「神殺し」の概念を変化させ、正気に戻った人々の想いを集め、殴るのではなく開いた繋ぐ手で抱擁。

20

6年を経て国連軍に救出され帰国するも忽ち行方不明となり 、さらに2年を経た頃に突如二課の敵として姿を現した。 第4期 この項目「 戦姫絶唱シンフォギア」は に出されており、内容をより充実させるために次の点に関するが求められています。 彼女が戦うのは「自分が帰るべき日常を護る」ためであり、それを成すべく日々ノイズと戦っている。

20

だが、受け止める! 何というタフネスだ。 第3期 宇宙空間に浮かぶフロンティアの残骸からナスターシャの遺体を回収したスペースシャトルがシステムトラブルに見舞われ、に際して操縦不能となるが、緊急出動した響・翼・クリスの尽力によってスペースシャトルの不時着は成功する。 第3期では第2期での形態変化と同様に、基本的な形状はそのままだがカラーリングも含んで細部に違いのある形での登場となり、デザインとなった。