コロナ ウイルス 中国 陰謀。 中国陰謀論 ウイルス兵器説を会見で 「コロナ禍の中で国内総生産が一番成長したのはどこだ?」

この研究所は通称P4研究所と呼ばれ、フランスの技術と資金、またアメリカの資金によっても運営される、世界最高レベルのウイルス研究所です。

4

これについては、様々な見解があり、まだまだ原因は解明されていませんが、中国が密かに生物兵器(爆弾等ではなく、病原微生物を人間に対して撒くこと)を作る過程で出来た物が、何らかの原因で研究所から拡散し、このように世界中に蔓延するような事態になった、とする見方が新型コロナ発生当時からささやかれているようです。

2

新型コロナウイルスの流行は、未だに世界中の人々を恐怖に陥れています。

14

反対派は当初、新型コロナウイルスは中国経済の破壊を目的とした攻撃であると述べていた。 いずれにしても、こうした怪しい人物が、怪しげな陰謀論をネット媒体に書くことは、そう珍しいことではない。 中国共産党もおそらくはこれ以上の中国内の資本主義成長は限界を感じていて、資本主義路線を続けていても農村部の過疎化と労働力減少が止まらず国内の食糧自給が追い着かずに国内の人間の生活水準と平均的な知能指数、モラルリテラシーは上がり続ける訳だから、国内の人口数増加の歯止めはかけたかったんじゃないかな、と思います。

本記事は『財新』の提供記事です 石正麗は、中国科学院の新興および劇症ウイルスとバイオセーフティーの重点実験施設の主任や武漢ウイルス研究所新興感染症研究センターの主任、河北省科学技術庁「2019新型肺炎救急科学技術難関攻略研究プロジェクト」救急難関攻略専門家グループのグループ長を務めている。

1

新型コロナウイルスの感染が爆発的に拡大して以降、新型コロナウイルスと中国科学院が武漢に持つウイルス研究所との間に関連があるとソーシャルメディアで発信する人が後を絶たない。 7月1日付で就任する。

18

商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 広大な国土を有する中国で、国内最大のウイルス研究施設(P4レベル)のある武漢市から『新型コロナウイルス』が発生したのは偶然か? 今回の新型コロナウイルスが当研究所から漏洩して感染拡大したのであれば、逆にわざわざゲノム解析して、不自然な塩基配列を見つけ、その調査報告書を国内外に公表している。

10

中国の生物兵器製造を世界はどう見ている? 日本の与党には、中国びいきの国会議員もいて、中国が生物兵器を製造しているかどうかには、あまり関心がないようです。 いずれの陰謀論者も、「コロナウイルス」が単一の病気ではなく、複数のウイルスを含む分類であることを見落としているか、あるいは理解していなかった。 P4研究所感染源説の謎 当初はP4研究所からウイルスが流出したのではないか、と疑う声が上がっていました。

20

しかし陰謀論者は「5Gは3Gや4Gよりも強力で、電磁放射線に暴露されると吐き気、脱毛、骨髄損傷の症状を引き起こす」「5Gの電磁放射線で免疫力が低下する」と主張。 この数字は、ペンシルベニア大学のアネンバーグ公共政策センターが9月21日に発表した調査によるものだ。

19