グッドラック 視聴率。 グッとラック!

午前中見るのは主婦ですよ。 番組としては国山さんが司会の方がはるかに見やすいですからね。 結果は、視聴率は上がるどころか落ちてしまい、2%台にまで下降。

10月にはあまりの不人気ぶりから「視聴率0%目前」とやゆされてきた『グッドラック! 逆に、元大阪府知事の橋下徹がコメンテーターに加わった月曜日だけは3%を超える日があり、橋下氏と淳のタレントパワーやコメント力の差が如実に表れているとみるスタッフも少なくはない。 にはあまりのぶりから「視聴率0%目前」とやゆされてきた『グッドラック! 司会の志らくは、同局の昼の情報番組『ひるおび!』でコメンテーターに起用され、一気にブレイクした落語家だが、その脇を固めるのがTBSの国山ハセンと、今年4月入社の新人・若林だった。

15

』は当初、その名の通り志らくさんがMCを担当していましたが、最近では志らくさんは『ひるおび!』と同じように『ちょっと目立つコメンテーター』の位置にいて、番組の進行は同じくMCの国山ハセンさんに任せるようになりました」 「国山さんはまだ28歳ですが、『王様のブランチ』、『アッコにおまかせ! net そもそものシラクってのが誰向け?ってところに、橋下・あつし、たまに辛抱ってなになに??ってなる。

モーニングショーは政治か健康がテーマで、他局と路線が明らかに違うけど、フェイクニュースが多くて、よく炎上しているイメージ。

立川志らく師匠の昭和の人情溢れるお人柄が、番組全体を支える温かさとなっていました。 その原因は、出演者の平均年齢が高いからではないか?ということで、10月からロンブーの淳始め、フワちゃんやなど、出演者を一新! ですが、視聴率は一向に上がる気配はありませんでした… 視聴率は上がるどころか落ちてしまい、2%台にまで下降。 最近でこそ、世帯視聴率がこれまでの2%程度から1ポイント増えて3%程度を記録する日が多くなってきたものの、朝のワイドショーの中では最下位だ。

12

サンプルが多いことで精度が上がることも見込まれていますが、たとえば『グッとラック!』の11月23日の数字が跳ね上がっているのは、祝日ということに加えて、元大阪府知事の橋下徹氏がコメンテーターを務める月曜だったからではないでしょうか。 JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。 「『グッとラック! 淳は『グッとラック!』のスペシャルウィークに2度出演したことを機に抜擢されましたが、このとき一番面白かったと評判だったのは辛坊治郎でした。

12