図書館戦争 堂郁 激しい。 星空の世界: 口喧嘩 堂郁

そしたらその後、いくらでも上書きしてやる。 い、…。

14

落ち着いて落ち着いて。

喧嘩は多分なんだかんだと柴崎が介入してきて、郁ちゃんの勝ちで終わります(笑) 久しぶりにタイトルを付けましたが、ほんと自分センスない・・・。 管内警備に当たっていた郁は、最近ちょくちょく顔を合わせればレファレンスを頼まれる女性の利 用者に、その日も本のリファレンスを頼まれていた。

8

・・・・・・・・それを、ここで持ち出すか貴様」 (あ・・・・・・・・) 言ってしまってから地雷を踏んだことに気づくが、今更どうしようもない。

16

イメージチェンジ イメージチェンジ 本来なら就業時間も過ぎた午後5時半、関東図書基地の特殊部隊事務所に於いて、タスクフォースの正副隊長と堂上班、そして柴崎が雁首揃えて難しいカオをしていた。 」 「うっさいわね、そんな昔のこと蒸し返さないでよ! 」 ぼそっと突っ込む手塚に郁がかみつく。

5

気分が悪いか? 「どう?笠原さん、寝顔可愛かったでしょう?」 「うるさい! 郁に怪我をしたからといって背負われたことは 堂上にとってやはりあまり思い出したくないことらしい。 」 「ええっ? なんでですか? 」 「そういうことを判ってないから、おまえは可愛いって言うんだ。

1

もう後はそれぞれ日報を提出すれば本日の業務は終わり、という時間。 」 「そう言わないであげてよ、餌になるのも必死で我慢してるんだから。

私のこの辺くらいだから・・柴崎くらいかなー。 「ここから少し遠いんだ。

1