åŋ… 書き 順。 「č€ŗ」ぎ書き順(į”ģ数)īŊœæ­Ŗしいæŧĸ字ぎ書き斚【かくãĒãŗ】

č‘—č€…ãƒ—ãƒ­ãƒ•ã‚ŖãƒŧãƒĢīŧš åŽŸæĄˆīŧšå¯æœˆå•“子īŧˆã†ãĨきãƒģけいこīŧ‰ å›ŊčĒžæ•™č‚˛į ”įŠļäŧšãŽå¸¸äģģčŦ›å¸Ģ。

9

」 ã¨č¨€ã†ã€å‰æ›¸ããŒå‡ēãĻきたぎですね。

æ—ē文į¤ž å›ŊčĒžčžžå…¸ įŦŦ十į‰ˆ より抜į˛‹ そこで、į§ãŽæ›¸ãé †ãŒåŸēæœŦįš„ãĒ書き順と違ãŖãĻいたというį†į”ąã¯ã€ã“うではãĒいかと分析しぞした。 そぎäē‹ã‚’ã€ä¸‹č¨˜ãŽčĢ–文が書いãĻいぞす。

11

゚ポãƒŗã‚ĩãƒŧãƒĒãƒŗク ぞとめ いかがでしたか。 ä¸‹č¨˜ã¯ã€æ–‡éƒ¨įœãŽã€Žį­†é †æŒ‡å°ŽãŽæ‰‹åŧ•ãã€ãŽéƒ¨åˆ†æ‹Ąå¤§ã™ã€‚ そぎ場合は下ぎäŊŽč§Ŗ像åēĻį‰ˆã‚’ごčĻ§ãã ã•ã„。

「æ—ĨæœŦčĒžãŽã€Žįĩæ§‹ã§ã™ã€ã¯ã¨ãŖãĻã‚‚ãžãŽã‚‰ã‚ã—ã„č¨€č‘‰ã ã€ã¨ã€č‹ąčĒžæ•™å¸Ģぎã‚ģイãƒŗæ°ã¯č¨€ã†ã€‚ こぎようãĒことãĢãĒるだろうとは、 įžåœ¨ãŽå­Ļįŋ’指導čĻé ˜ãĢ変わãŖた時、 äēˆæƒŗをし、åŖ°ã‚‚上げぞした。

ハッキãƒĒしたæąēぞりãŋたいãĒもぎが存在するもぎと思ãŖãĻいたぎで、少し力が抜けぞした。

16

į§ãŒå°ąčˇã—たころはぞだ世間は手書き文書がä¸ģでした。 įĸēかãĢ、いろいろあるぎですね。 僑čģå­¤é€˛ īŧˆãã‚‡ã†ãã‚“こしんīŧ‰â€ĸ æĨˇæ›¸ã¨čĄŒæ›¸ 䞋外ですが、 æĨˇæ›¸ã¨čĄŒæ›¸ã¨ã§ã¯æ›¸ãé †ãŒé•ã†æ–‡å­—が一部ありぞす。

16