アイフォン 電池 節約。 スマホのバッテリー長持ち対策|消費しやすい3つの原因とは

私の場合は、メールと連絡先以外は検索することがないので全てオフにしております。 (2)Hey Siriをオフにする 従来は低電力モードを有効にすると、「Hey Siri」と話してSiriを呼び出す操作は使えなかった(2018年10月公開の公式ヘルプには「Hey Siriにも影響がある」と記載されている)。

また、iPhoneの消費電力を管理できる無料アプリも活用してみましょう。

16

バッテリーの寿命を縮める5つのNG行動 <充電しながらのスマホ利用> 充電しながらスマホを利用すると、端末と電池が発熱し、電池の劣化を早める原因となります。 また、スリープ時間(無操作の時に自動消灯するまでの時間)が長いほど、バッテリーを消費します。 視差効果や、壁紙などのアニメーションもオフになる。

4

対処法 OSのバージョンが原因でバッテリーが消耗している可能性がある場合は、最新のOSにアップデートしてみましょう。 [使えなくなるもの] Bluetoothを使用して接続するイヤホン、ヘッドセット、スピーカー、キーボード、マウス、プリンタといった周辺機器との接続 2 GPS(全地球測位システム) GPSは現在地を測定する、いわゆる位置情報サービスです。

通知の設定は、「設定」アプリ�. 極端に寒い場所や暑い場所では、バッテリーの消耗が早くなったり、デバイスの電源が切れたりすることがあります。 それ以上になると、バッテリーの劣化や、発熱・客家による深刻な損傷につながります。

11

アプリ内でバックグラウンドでの動作を設定できるものもあるため、チェックしてみてください。 バッテリーを多く使っているアプリは? 「毎日しっかり充電しているはずなのにiPhoneのバッテリーの減りが早い」と感じることはありませんか?ダウンロードしたアプリの中には、バッテリーを多く消費するものもあります。 「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」の対応をきっかけに、「Qi(チー)」と呼ばれるワイヤレス充電規格に対応する充電パッドが多く登場しました。

5

不要な通知を無効にすることにより、ロック画面が表示される回数を減らし、バッテリーを節約できます。 項内右上にある『アクティビティを表示』を押すと、アプリごとの使用時間に切り替わります。 バックグラウンドで通信をし続けるアプリがあると、バッテリーはもちろん、データ通信の消耗も激しくなります。

10

『設定』から『バッテリー』をタップすると、各アプリの使用状況が表示されます。 ダークモードはどうして電池を長持ちできるのか? ダークモードは、iPhoneのiOS13から搭載されている機能です。 アプリ内でバックグラウンドでの動作を設定できるものもあるため、チェックしてみてください。

3

その騒ぎに気軽に参戦した筆者のいきさつをお届けしよう。 バッテリーの消耗が激しいと感じたときに、 一度こうしたアプリでiPhoneのバッテリーの消耗状態を確認しておくのも1案です。 たとえば、LINEの場合、特定の人からの通知のみONにして、それ以外は通知をOFFにすることが可能です。

6