スピッツ 歌詞 チェリー。 スピッツ チェリー 歌詞

また、チェリーにはさくらんぼの他に俗語でヴァージンの意味がある。 それに合わせて歌詞の内容もAメロにあった明るい雰囲気から「心の雪」や「悪魔」、「切り裂いた」など暗鬱で攻撃的な雰囲気になっている。 スピッツと言えば「ロビンソン」や「チェリー」など、これまで数々の名曲を生み出しているバンドグループ。

4

生まれたての太陽と夢を渡る黄色い砂?• スピッツさん『チェリー』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 1997年にリリースされた、爽やかなメロディーが印象的な作品。

6

これについて草野マサムネはこう答えている。 バナナ浮かぶ夜は 涙こらえて 下手なピンボールだって 味方につけた 削られるたびに 憧れたピストルが ハデに鳴り響く バナナ🍌は言わずもがな、 男性のアレ。 多くのアーティストがカバーする名曲 『チェリー』が発売されたのは1996年4月10日、今から21年も前に世に出たことになる。

16

心の雪=「涙」• 例えば「失恋からなかなか立ち直れない…」のように悩んでいる方が聴くと、気持ちを上向きにさせてくれるでしょう。

4

君は僕の元にいて欲しいけど、そういうわけにもいかないから歌を切り裂いて、それを桜にして「この先もがんばれよー」なんてエールを送っているわけだ。 次のフレーズをみてみよう。 君を忘れない いきなりインパクトありますよね、二度と戻れないとわかっている過去を思い出しつつも、僕は 騒がしい未来が僕を待ってる と、未来へと意識を切り替えます。

10

こんな風に、マイナスなフレーズを入れて、綺麗な事ばかりじゃないぞというニュアンスを出してくる傾向は、多数の曲で見られます。

9

作詞・作曲:草野正宗• 幸せな夢を見た主人公が、大切な人が近くにいればそれは「夢じゃない」「孤りじゃない」と悟り、「いびつな力で 守りたい」と決意する温かいストーリーが描かれています。 そんな日々を抱きしめるということは、やはり少なからず過去に未練を感じているということである。

9