千 と 千尋 の 神隠し リン。 【千と千尋の神隠し】ハクが冷たい?態度が二重人格の理由はエレベーター内が原因?

なんと、千と千尋の神隠しの映画パンフレットにははっきり「人間」と記載されているのだとか。 湯婆婆: フン、いい覚悟だ。

17

釜爺: 四十年前の使い残りじゃ。

3

闇の中で千尋が何度も私を呼びました、その声を頼りにもがいて……気が付いたらここに寝ていました。 これがさ、釜爺のとこへ行くんだ。 ぇえ?石炭、という手もあるね。

7

リン: えーっ。 また、湯婆婆に名前を取られてしまい、「千」という名前で油屋で働くことになります・ 「千と千尋の神隠し」は荻野千尋=千の成長を物語っている?!成長の物語でもあります。 聞かないんだよ。

14

ま、今夜は遅いからゆっくりしていきな。 千尋が湯屋に来てからリンがいたからこそ、馴染めました。

8

ということは、白狐であるリンも本名を湯婆婆に取られている可能性もあります。

15

スタジオジブリの公式ブックには「The art of spirited away」にてリンのラフ画が公開されています。

ネットの情報では男性の従業員はカエル、着物を着て接客する面長の女性がナメクジ、清掃などの裏方担当が狐という設定みたいです。

ハクは湯婆婆の力を知っていたからこそ、エレベーター内では あえて冷たい態度になった可能性は高いです。 えっ?……あなたも乗りたいの? カオナシ: あ、あ、…… 千: あの、この人もお願いします。