探偵 ナイトスクープ 初代 局長。 「ヤラセじゃない?」 31年目の『探偵!ナイトスクープ』新局長・松本人志で何が変わった?

上岡局長から西田局長に変わり、だんだんと感動モノが増えていきました。 (在任期間:第1回放送-1990年3月31日) 初代「社会派ネタ探偵」。 この依頼は特番『20周年記念・ナイトスクープリターンズ』で再度放送された。

1

探偵は。

13

その基準は「入れた方が中身がわかりやすくなり、また面白くて笑いが取れる」とスタッフが判断した箇所に限られており、現在のお笑い番組のように出演者の発言を次から次へとなぞるようにテロップを挿入しているわけではない。

16

5歳になる依頼者の息子は3歳4カ月で自転車に乗れるようになり、最長30kmを走破していたが本人は満足せず、「 [ ]の祖父の家まで自転車で行きたい」と言い出した。 10本ほどの依頼を担当したのち降板。 ラジオネーム、私が上岡健太郎です。

3

話術のキレも凄かったが、筋の通らぬ話になったら、たとえトークの流れが断ち切れシラケようとも、しっかり言う姿勢が好きだった。

また、Acknowledgments 謝辞 の部分には依頼者と田村探偵、そして番組名が記載されている。 トラブルや健康上の問題でもなく、 ご本人の意思で芸能界を引退されたようです。 現役探偵局員 [ ] レギュラー [ ] 1995年11月3日入局 現役の探偵局員の中では最長のキャリアを持つ。

9

新種の魚、発見! 良いです。 第9回放送の「国道1号線の三重駐車」より登場(登場経緯等は)。

この企画においては近畿圏の地図が用いられたが、全国版の日本地図でも、世界地図でも、地球儀でも可能であるという企画の幅がきくところを上岡龍太郎は評価していた。