かぐや 姫 の 嘆き 品詞 分解。 なよ竹のかぐや姫(竹取物語):現代語訳とくわしい解説(解説動画付き)・・・井出進学塾〔富士宮教材開発〕|井出進学塾(富士宮教材開発)公式ブログ|note

「帝が仰せられることには、『かぐや姫の容姿がとてもすばらしいとのこと。 係助詞「か」を受けて連体形となっている。

16

(高貴な人のもとから)退出する。 王が「片時」と言ったが実際は二十年以上たっていること、姫は重病であることを言い立てる。

11

翁が善行をしたので、その褒美として多くの黄金を与えるために王がわずかの間派遣した。

3

」とて、 持て寄りたれば、いささかなめたまひて、少し形見とて、脱ぎ置く衣に包まむとすれば、ある天人、包ませず。

7

」と言ふに、猛(たけ)く思ひ つる造麻呂も、ものに酔ひ たる心地して、うつぶしに伏せ り。 御心では、まるで帰ろうともお思いにならなかったのであるが、だからといって、ここで、夜をお明かしになることができるはずもないので、しかたなく、お帰りになった。

8

いらっしゃる、おられる、あおりになる。 主語に当たる人を低めて、目的語に当たる人に敬意を表す。 「ぞ・なむ・こそ」は強調の意味である時がほとんどで、訳す際には無視して訳す感じになる。

5

奉ら=補助動詞ラ行四段「奉る」の未然形、謙譲語。 それを、昔の契りありけるによりなむ、この世界にはまうで来たりける。

3

せ=使役の助動詞「す」の未然形、接続は未然形。 9 かぐや姫が月に帰る理由は。

5

みすぼらしい。 2 下品だ。 仏教思想。

3