てんじ。 点字を読んでみよう

現在位置: > > 点字について 点字について 点字は、視覚に障害のある方々が触って読む文字です。 ファイルから読み込み、ファイルへ書き出し、 ファイルの分割などができる。

2

そのために、視覚障害者誘導用ブロックがあるのだけれども、視覚障害のある人にとっては、見えにくく歩行がしにくいこともあります。

20

ルイ・ブライユが考案した6点の点字によって、はじめて視覚障害者が速く読むことができて、自由に書くことができる文字ができたのです。

1825 年 ( ねん )のことだよ。 2 人名の名字と名前の間は区切って書きます。

一マスは、たて3点、横2点の6点でできています。 自由研究注目ランキング• この組み合わせで言葉を作ります。 ・・・さて。

11

調査 ちょうさ などに 出 で かけるときは、 自動車 じどうしゃ や 歩行者 ほこうしゃ などに 注意 ちゅうい し、きけんな 場所 ばしょ には 近 ちか づかないようにしよう。 濁音(にごる音)は、5の点を前に付けて表します。

10

ところが 彼 ( かれ )は、この 点字 ( てんじ )が、 軍事目的 ( ぐんじもくてき )だけじゃなく、 目 ( め )の 不自由 ( ふじゆう )な 人 ( ひと )のための 文字 ( もじ )として 活用 ( かつよう )できることに 気 ( き )づいたんだ。 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合• 目 め が 不自由 ふじゆう な 人 ひと のために 文字 もじ や 数字 すうじ を 点 てん で 表 あらわ す 点字 てんじ がどんなところに 使 つか われているかを、 本 ほん やインターネットなどで 調 しら べよう。 日本では、1887年(明治20年)に、アルファベットで書いたローマ字式の点字が、はじめて使われました。

14

東京盲唖学校長 ( とうきょうもうあがっこうちょう )の小西信八という 人 ( ひと )がブライユの 点字 ( てんじ )を 使 ( つか )って、ローマ 字 ( じ ) 表記 ( ひょうき )による 日本語 ( にほんご )を 点字 ( てんじ )にしたんだ。 点字が生まれる前は、紙に普通の文字を浮き出させて印刷した「浮き出し文字」や、ひもの結び目の形で文字を表す方法が用いられてきましたが、この方法は、読むことはできても、速く読むことはむずかしく、また、視覚障害者自身で書くことは困難だったのです。