やるせない 意味。 「やるせない」の意味と使い方・由来や例文

「やるせない」の例文 今日はやるせない気持ちだ あんなに頑張ったんのに負けてしまって、やるせない やるせない気持ちのままでは次に行けない 試合前に骨折なんて、やるせない あなたにとったらやるせない出来事だろうね スポンサードリンク 「やるせない」の類語と応用・例文 「やるせない」と同じような意味として「せつない」という言葉もよく使います。 誤用が水面下で広まっているのかもしれない、不思議な語ではある。

2

しかし、「やるせぬ」は誤りだと注記している国語辞典も存在する(『明鏡国語辞典 第2版』)。

15

「やるせない」は、悲しみ、辛さ、寂しさ、悔しさなどのマイナスな感情を晴らす方法がなく、どうすることもできない場合に使います。 また、「草や木が薄暗く生い茂っている様子」を表しています。

「ない」より「ぬ」の方が古語的で固い表現になることもあって、稀にビジネスシーンや学術的文面などで使われる事例が存在します。

5

すなわち「遣る瀬無い」とは、「思いを晴らす手段がない」という意味にになります。 以下の引用から、「やるせない」という言葉には、思いを意味する「遣る」の行き場所である「瀬」が、どこにもないという意味からできた言葉だと言えそうです。 幼い子どもの事故の話を聞くと、やるせない気持ちになる。

17

以下の引用から、「やるせない」という言葉には、やり場のない感情や晴らすことができない切ない感情などの意味が含まれていると考えられます。 悲しい、つらいといった 「気持ちを慰めるものがなく、やるせない」という思いや、 「寂しい」という場合に使用される言葉です。 「いたたまらない/」は、「居た堪らない/居た堪れない」とも表記しますが、これもひらがな表記が一般的です。

5

「やるせない」と「やりきれない」は、どちらもマイナスな意味を持つ言葉なので混同しやすいです。 「やるせない」は、悲しみ、辛さ、寂しさなどのマイナスな感情を晴らす方法がなく、どうすることもできない場合に使います。 ですから、「やるえない気持ちでいっぱい」という言い回しには、やり場のないもどかしさや、どうしようもない切なさで、胸がいっぱいになっている状態を表現する意味が含まれていると予想できます。

先ほどの例文の応用として「失恋してしまってせつない気持ちになる」というように「やるせない」を「せつない」に変えて用いることができます。 続いては、上記でご紹介した意味を踏まえて、「やるせない」の基本的な使い方を考察していきます。 古語の「遣る」は、もともとは「行かせる」という意味でしたが、「気を晴らす」という意味にもなりました。

7