ひと 段落。 「一段落」の意味と使い方とは? 読み方「ひとだんらく」は違うのかも解説【ビジネス用語】

貼付 ちょうふ・てんぷ 早急 さっきゅう・そうきゅう 出生率 しゅっしょうりつ・しゅっせいりつ 寄贈 きそう・きぞう 世論 せろん・よろん 施行 しこう・せこう 相殺 そうさい・そうさつ 重複 ちょうふく・じゅうふく 前者が正式な読み方、後者が慣用読みです。 するとそこには、使い込んだパレットのように何着もの色とりどりのドレスをベッドに広げ、鏡の前で次から次へと、昔に比べて多少ふくよかになった体にドレスを合わせている妻がいた。 文章を読み上げる際は、「ひと段落」なのか「いち段落」なのか、あらかじめよく考えておくことをします。

順番は、「!?」が正しくて「?!」は間違った使い方です。

20

この項目では、効果的な使い方を例に挙げてみます。 「一段落」の意味は「ものごとに区切りがつくこと」 「一段落」とは、「一」の「段落」で「一つの段落」、つまり「ものごとに区切りがつくこと」を意味しています。 例文4:ひと段落したら 「ひと段落したら」は「ひと段落ついたら」と同じように、仮定による話をする場合などに使えます。

17

」(句点)が入る度にポンポンと改行してしまうのですが、基本的には 「同じ内容の文章のかたまりを一つの段落」として、その後に改行する事が多いです。 ATOKに切り替えてみると、ひとだんらくでも変換されますね。

19

一段落は「いちだんらく」と読むのが正解。 『現代国語例解辞典第5版』• 現代の国語辞典では「いちだんらく」が主な見出しとして示されています。 読み方は「いちだんらく」が正解です。

6

父親の瀬尾 晃さんを筆頭に、次男の明弘さん、三男の知弘さん、そしてお嫁さんまでもが旧車パラダイスをエンジョイしている。 Bさんは「なにも思い浮かばない」と言われました。

『新選国語辞典第9版』• これらはそもそもが間違った読みからスタートしていることから、書籍やメディアなどでもしばしば「間違い」として紹介され、「慣用読み=間違い」として認識している人がいるのも事実です。 スマホで読まれることを想定すれば、一番重要なのは見やすいかどうか。 エンジンは中央のレバーが出ているカバーを開けると収まっている。

2

口コミサイト『ウィメンズパーク』のママたちはいつ子育てが落ち着いたなと感じたのでしょうか。

15