栃木 県 山 火事。 【放火】栃木県足利市で山火事が多発|今日現在もまだ燃えている|きよし速報

市は鎮圧し、残火処理を完全に終えた地域から順次解除する考え。 明日も朝から消火活動が行われる予定です。

11

足利市の和泉聡市長は27日午後会見を開き、消火が進んで延焼をほぼ食い止めることができているとして、「鎮圧まであと一歩という感覚だ」と述べました。 しばらく風強かったし、きちんと始末しないとね! — みじいさん miji34 2月25日に、2キロ離れた群馬県桐生市赤城山でも山火事が発生。 また、ベンチ周辺は、人の往来もありますし、風が抜ける事が多いので、落ち葉が溜まっているとは考えにくいです。

消防の人たちには本当に感謝して います」と話していました。 しかしながら、山火事の原因や、今までの経緯を調べてみると、地元の方に愛されている山みたいで、多くの方が登山・ハイキングを楽しんでいる人気スポットになります。 足利市の両崖山と天狗山にまたがる山火事は26日も範囲が広がり、市によりますと26日午後6時の時点でおよそ106ヘクタールの山林が燃えています。

消防の邪魔になります。 山火事鎮火とその後について 鎮火が遅れた栃木の山火事ですが、106ヘクタール焼失したものの、人的被害もなく、無事に消火完了しました。 入山しやすいというのもあって、放火の可能性も否定できません。

6

消火活動は日没とともにいったん休止し、26日朝から再開するということです。 今月21日に足利市西宮町で発生した山火事は延焼が続いていて、市は、住宅地への延焼のおそれがあるとして、市内の207世帯に避難勧告を出しています。 27日午前中は山から立ちのぼる煙の量が前日までに 比べて少なくなっているということで、自衛隊や 県内外から駆けつけた応援の消防などが連携して 消火活動を続けています。

18

また市内の一部の世帯では、消火活動で大量の水を使用した影響で断水が発生しましたが、25日午後3時ごろまでにすべて解消したということです。 市の危機管理課によりますと、午前中は山から立ちのぼる 煙の量が前日までに比べて少なくなっているということで 自衛隊や県内外から駆けつけた応援を含む合わせて15の消防 が連携して消火活動を続けています。

4