西洋 オトギリソウ を 含む 食品。 厚生労働省eJIM

イリノテカン Irinotecan やイマチニブ Imatinib を含む一部の抗がん剤• ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ハーブとしての利用 [ ] セント・ジョーンズ・ワートの医療的利用の最初の記録はにまでさかのぼり、以来利用されてきている。 セント・ジョーンズ・ワートの効果は、長期にわたって服用していた場合に起こる可能性が高く、さらに服用を中止してもすぐに効果が消えるわけではありません。

16

したがって、薬と同時にグレープフルーツジュースを飲まなければそれでいい、というわけではありません。

10

Phytochemistry 68 3 : 383—93. John's wort は、本種のだが、様々な修飾語とともに、の他種を指すこともあり、英語ではそれらと区別するために、本種を Common St. 「」北方博規 田村雄一 「心臓」48 5 2016 公益財団法人 日本心臓財団• ・タンパク質の代謝に関係 ・神経機能の維持 ビタミンC ・利尿薬(炭酸脱水酵素抑制薬) アセタゾラミド(ダイアモックス) 大量のビタミンCとの併用により腎・尿路結石が起こる可能性がある。

歴史的にはセント・ジョーンズ・ワートの花や茎は赤や黄色の色素を作るために用いられてきた。

15

健康食品を摂ることにより、病状を悪化させたり、治療薬の作用を強めたり反対に弱めたりと影響を与えることがあります。 John's wort セイヨウオトギリ(西洋弟切、学名: 、英語名:St. そのため、この酵素で代謝される多くの医薬品と相互作用を起こし、 薬の血中濃度を下げることで薬の効き目を弱めます。

3

その他の副作用には消化管症状、疲労、双極性障害を有する人での躁状態などがあります。

Herbal Medicine:Expanded Commission E Monographs. しかし、セントジョーンズワートは多くの薬剤と相互作用がみられるため、多くの人々、特に薬を常用している人にとって安全ではない可能性があります。 ・抗血小板作用 ・抗炎症作用 カモミール ・血液凝固防止薬(血栓防止薬) ワルファリンカリウム(ワーファリン) アスピリン(バイアスピリン、バファリン81mg) 塩酸チクロピジン(パナルジン) 硫酸クロピドグレル(プラビックス) カモミール中クマリンまたはクマリン誘導体に抗血液凝固作用があるため、作用が増強される可能性がある。 薬剤ごとの詳細な影響は、をご覧ください。

素材・食材 — 教えてもらいたいことがあります。

9